サイトメニュー

副作用が起こる原因とは?

カウンセリング

多くても少なくても駄目

手術をせずに小顔整形を受けられるボトックス注射は、副作用が少なくて有名な施術方法になります。しかし、副作用も少なからず存在します。その一例としてあるのが「口角が上がらない」「瞼が垂れ下がる」「施術後から頭痛が酷い」などがあります。これらは副作用の一部とされていますが、実際に失敗した事例としても挙げられています。その原因とされるのがボトックス注射の量が不足・過度です。このボトックスですが、別名「ボツリヌス菌注射」と呼ばれるものです。施術を行いたい場所の筋肉を麻痺させて収縮する事でエラを削る事なく小顔にしてくれる、プチ整形のジャンルとしても人気の高いものになります。しかし、この筋肉収縮効果は少なすぎても多すぎても悪影響に繋がる事があります。量が少ないと効果が薄いため、不自然な筋肉の吊り上げが出来てしまいます。逆に量が多すぎると筋肉が緩みすぎて垂れ下がる原因になります。これらの量の調整はどうしても医師に任せる必要がありますが、カウンセリングの際に施術後の完成形をきちんと打ち合わせする事で防ぐ事ができる問題です。また、治療が失敗してボトックス副作用が出てしまった場合、経過観察でボトックスの効果が切れるのを待たなくてはなりません。クリニックによっては失敗を改善させる治療を行ってくれますが、あくまでも「ある程度元の状態に近づける」という形になります。完全にもとに戻すには効果が切れる半年程時間がかかります。この時、笑顔が引き攣る、二重が一重になどの症状であればなんとかごまかせるかもと考える人もいます。しかし中には施術を受けた部分の筋肉が麻痺したまま動かないなどの状態になってしまうため、日常生活にも支障が生じてしまいます。半年という長い時間副作用に悩まされるよりも、確かな技術と知識を持った医師が施術をしてくれるクリニックを選ぶ事が大切です。施術を受ける前には利用したいと感じたクリニックの口コミや評判だけでなく、過去の事例や医師の実績数なども調べておくと安心して施術を任せる事ができます。

Copyright© 2019 メスを使わない小顔整形!でもボトックス副作用ってあるの? All Rights Reserved.