サイトメニュー

様々な効果のボトックス

女性

小顔効果だけじゃないボトックス治療

副作用の少ないボトックス治療ですが、僅かなミスで失敗してしまった事例もあります。そんな中でも気になるのが「頭痛」「内出血」「かゆみ」などの症状になります。ボトックス治療は主に小顔整形に用いられる事があります。しかし、その効果は様々な部分で利用する事が出来ます。例えば「ふくらはぎ」です。ふくらはぎは筋肉太りしやすい部分になりますので、ボトックス治療を行う事で筋肉の働きを弱めてくれるので女性らしいラインのふくらはぎ作りが期待できます。その他にも「手汗や脇汗の改善」「肩こり改善」「顎関節症治療」などにも効果があります。ですが、この時に施術パターンによっては肌の弱い部分に注射を打つことになります。そうなると注射の針を刺した部分で内出血を起こし、一時的なアザが出来てしまったり、酷い時には腫れてしまう事もあります。多くが時間を置く事で改善されますが、施術後長い時間かかっているのに改善が見られない場合は担当した医師に相談するのもいいかもしれません。また、可能性は少ないとされていますが、投与したボツリヌストキシンが身体に合わず、かゆみや発疹が出る場合があります。この場合も担当の医師に相談してみる事で肌にあった塗り薬を処方してくれる場合がありますし、皮膚科への紹介状を書いてくれるなどの対応を行ってくれます。そして最後に副作用で多いと言われているのが「頭痛」です。ボトックス注射は元々筋肉のこりや精神的な緊張から来る偏頭痛の治療にも使われています。しかし、逆に今まで頭痛を体験した事が無い場合は、筋肉バランスが崩れてしまうなどにより頭痛を引き起こしてしまう原因に繋がります。また、副作用の中に「痛みを感じた」という声もありますが、こちらはボトックスの成分が身体に痛みが走る事があります。この対象方法はクリニックによって異なりますので、カウンセリングの際に質問してみましょう。施術後にボトックス副作用が出るかもしれないと不安を感じてしまうのであれば、そういった点もカウンセリングの際にきちんと相談する事が大切です。

Copyright© 2019 メスを使わない小顔整形!でもボトックス副作用ってあるの? All Rights Reserved.