サイトメニュー

どんな成分を使っている?

医者と看護師

無毒化されたボツリヌス菌

小顔整形でも人気の高いボトックス注射ですが、気になるのが主成分になります。一体どうやってメスを入れる事なく小顔整形を可能にしているのでしょうか。ボトックス注射は別名「ボツリヌス菌注射」と呼ばれています。実はこの成分、耳にした事がある人もたくさんいます。正式名称を「ボツリヌストキシン」という成分で、最近では食中毒の原因とも言われているものになります。しかし、ボトックス注射ではこの「毒」の部分を無毒化する事で、顔や筋肉の痙攣などに効果的な治療薬として厚生労働省から認可を受けているものになります。では、このボツリヌス菌は美容ではどんな働きを示しているのか。人間は身体の筋肉を動かしている際、神経伝達物質のアセチルコリンと呼ばれる成分を放出しています。ボツリヌス菌はこのアセチルコリンを弱める事で、筋肉の収縮や発汗作用を一時的に抑えてくれる働きを見せてくれます。この効果によって、様々なメリットを生み出します。例えば「表情ジワが少なくなる」「発達したエラの筋肉をスッキリさせる」などがあります。これらの効果によってメスを入れる事なく、小顔整形を受ける事ができるのです。しかし、このボツリヌス菌は注意しなくてはいけない部分もあります。それは、「神経毒による伝達物質や筋肉を麻痺させている」という点です。そのため、施術の際に量が少なくなると効果も中途半端になってしまい、不自然な状態で筋肉が吊り上がってしまったりしてしまいます。逆もまた然りで、多すぎると筋肉が緩みきってしまい垂れ下がってしまいます。無毒化しているため、健康を害する悪影響を及ぼす事はないのですが、問題なのは失敗してしまった際の修正が難しいという事です。ボトックス副作用は自然と改善が見られるのですが、ボツリヌス菌の効果が消えるまで待ち続ける必要があります。その期間は半年以上とされているため、その間経過を見守るだけとなります。こういった失敗を未然に防ぐためにも、ボツリヌス菌とはどういったものかを知り、カウンセリングなどの担当医師と打ち合わせを行う場面でしっかりと自分が望む完成形を伝えて使用する量を決める事が大切になってきます。

Copyright© 2019 メスを使わない小顔整形!でもボトックス副作用ってあるの? All Rights Reserved.