サイトメニュー

副作用は体質も影響する

医者と看護師

ボトックスと体質問題

他の小顔整形などで行われる施術に比べると副作用の少ないボトックス治療ですが、完全に0ではありません。特にどれだけ事前に注意していても起こってしまうのが体質との相性になります。また、ボトックス治療で使用されているボツリヌス菌は無毒化されているものではありますが、元が毒性を持っている成分になりますので体質が合っていないと体内の免疫細胞が異物と判断してしまい、過剰に攻撃してくる恐れもあります。そうなると軽い症状であれば風邪のような身体のだるさや発熱が出る事もあれば、蕁麻疹や痙攣などの強い症状を引き起こしてしまう事もあります。そのため、安易に注射治療を行うのではなく、ボトックスの成分と自分自身の体質の相性を調べたりする事が大切です。この時に相性が悪いと診断された場合でも、本来よりも少ない量で施術を行う事で問題なく効果を発揮する事がありますので、諦めるのではなく担当医師に相談するのが一番です。最もやってはいけないのが「安い」からという理由で施術を受ける事です。ボトックス注射を行っているクリニックの中には驚きの安さで施術を受ける事が可能という場合もありますが、その場合は使用しているボトックスは十分な無毒化がされていない可能性があります。外国で毒抜き処理を行っている製品の中にはきちんと無毒化がされているものもありますが、費用が高くなってしまう事から未認証でも価格が安い後発商品が使われているなどの問題があります。副作用のリスクを最小限に抑えたいと考えるのであれば、そういった点も注目してクリニック探しを行いましょう。厚生労働省から認可を受けている毒抜きがきちんとされているボトックス注射であっても、体質的に副作用が出てしまうこともあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

Copyright© 2019 メスを使わない小顔整形!でもボトックス副作用ってあるの? All Rights Reserved.